スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ねぶた旅行2

十和田湖の少し北、八甲田山のふもとには昔ながらの湯治場の雰囲気を残すひなびた温泉宿がいくつかあります。

IMGP4150.jpg
蔦(つた)温泉旅館
温泉が木製の浴槽の下(=地面)から直に沸き出しているというおどろきのシステムです。写真の本館は大正時代からの建物

IMGP4168.jpg
青荷温泉ランプの宿
電気はほぼなくて、部屋も温泉場もどこもかしこもランプだけで過ごす宿です。
夜になるとランプのほのかな明かりとオイルの匂いにつつまれなかなか幻想的です。


宿の新旧はありますが、どの宿も木造の山小屋風な決して堅固とは言えない造りです。宿泊客もさすがにマナーをわきまえているようで、夜にどんちゃん騒ぎやしゃべり声が部屋の中まで聞こえてくることはなかったですが、床のきしむ足音など部屋の外の人の気配が十分に感じられます。(感じられてしまいます。)
早朝には宿の従業員や他の宿泊客が慌ただしくもろもろの支度で動き回っていたりするのに起こされたりもしますが、それこそ大きな小屋に一緒に生活しているような気にもなります。このゆるい距離感もこういった宿の魅力なのかなと思いました。
スポンサーサイト
2010-08-11 : 日記 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

高田 千恵子&哲仁

Author:高田 千恵子&哲仁
東京で生まれ育ち学び、今は建築設計の仕事をしています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。