FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ガスコンロ、IHコンロのつれづれ

R0011727.jpg

これから家を建てたり、リフォームするかたはキッチンの調理コンロはガスかIHかの選択に迷うかと思います。
今まで出会ってきたお施主様では、だいたい半々に分かれているように思います。
従来どおりのガスコンロを選択するかたは、
料理の出来がいい
小さな子供に「火」というもの、その危なさを認識させたい
といった理由で、IHの場合は、
コンロのお掃除が楽
火が出ない安全性
といった理由が多いです。
あとは家の熱源をガスと電気を併用するのか、オール電化かとか、コスト的な問題などもあるので、総合的に考えて選択することになるかと思います。

ちなみに我が家ではIHを使っています。実際使用してみて上記の理由のように、コンロのプレートのお手入れのしやすさはやはり大きなメリットです。
それから火が出ないこととコンロのプレート全面がフラットなので、熱してる鍋のすぐ横に物を置けるのも便利です。例えばレシピ本を広げたりとか燃えやすいものも置けてしまうので(でも鍋から熱は出てるので注意です)、キッチンカウンターが狭い場合などにはガスよりもスペースを有効に使えるのではないのでしょうか。

料理の出来に関しては、IHはガスとは調理法が違ってくるので、そのコツをつかむことがカギだと思います。
IHは鍋底から、しかも鍋がコンロに接している場合にしか熱が出ませんから。
とはいえ私もいまだに鍋を振ってしまいます。。
それから実感しているのは、鍋やフライパンは質の良いものを(熱がムラなく均等に伝わるもの)使った方がいいです。それは火の場合は鍋の側面まで熱がまわりこみやすいですが、IHは鍋底からしか熱が発生しないからです。
鍋の善し悪しで料理のできばえがガスよりも顕著に違うと思います。

ということで、最近のお気に入りの鍋が写真のストウブです。
質の良い鍋はたいがい高価なものになってしまいますが、ちょっとずつそろえていく楽しみもあります。
スポンサーサイト
2011-11-14 : 日記 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

高田 千恵子&哲仁

Author:高田 千恵子&哲仁
東京で生まれ育ち学び、今は建築設計の仕事をしています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。